小学校受験に強い幼児教室ランキング~全国版~

トップ > 小学校受験とは > 幼稚園受験の面接対策をする上で重要なポイントとは?

幼稚園受験の面接対策をする上で重要なポイントとは?

幼稚園受験の面接対策はどうすればいいのか?


私立の幼稚園受験をするときには面接がありますが、そのための対策はどのようにすればいいのでしょうか。大事なのは受験する幼稚園の方針をきちんと理解していることです。幼稚園受験というと難しく考えるかもしれませんが、単純に幼稚園と家庭の教育方針が一致していれば問題ありません。実際に面接するのは子供だけではなくて、両親共に行われることがあるので、そのときには母親だけではなく、父親も入念な準備が必要です。入学願書を熟読して志望理由や子供のことに関してもしっかりと理解しておきましょう。
面接のときに両親に聞かれる質問としては、例えば志望理由や子供の長所や短所、家庭内の教育方針などです。また、幼稚園によっては行事の参加やPTA活動などに注力してくれるかどうかも判断基準になることがあります。また、社会情勢や時事問題なども質問されることがあるので、普段から新聞やニュースなどはチェックしておきましょう。
しかし、付け焼き刃で対策をするのは非常に困難です。その場で取り繕ったとしても、面接官に対しては通用しません。そこでお勧めなのが、幼稚園受験対策のための教室に通うことです。教室に通うことで面接対策のためのアドバイスをしてくれますし、普段からどのようにして子供を教育していけばいいのかも教えてくれます。特に子供は思ったことを素直に答えるので、日常生活をそのまま面接の場で答えてしまうケースがあります。子供への質問内容は難しいものではありませんが、子供の答え方や内容によって家庭教育の程度が判断されるので、普段からのしつけに関してはしっかりと行っておきましょう。

幼稚園受験の面接対策の中でも自宅でやっておくべきこととは?


幼稚園受験で面接を行うときには事前の準備がとても大事です。教室に通って入念に面接対策を講じることが重要ですが、自宅でもやっておいた方がいいこともあります。例えば面接の前日には、自分が書いた願書に関してしっかりと内容を把握しておく必要があります。面接は願書を元に質問されることがあるので、願書の内容と異なる回答をしないようにしましょう。
また、子供は初めての場所はとても緊張してしまう傾向があります。いつもは元気が良くても、緊張すると途端にできなくなってしまうことも考えられます。そのようなことがないように、事前に一度受験する幼稚園を訪問するといいでしょう。幼稚園によっては未就園児対象のイベントなどを開催しているところがあるので、そのようなイベントがあれば積極的に参加して場慣れさせておくと面接のときに困りません。また、面接の対策が必要なのは大人だけではなく、子供にも必要です。普段から子供と練習をしておけば本番でもきちんと答えてくれます。ただ、難しい内容を答える必要はなく、当たり前のことをきちんとできるかどうかが問われているだけなので、例えば自分の名前や年齢、好きな食べ物などはきちんと答えることができるように教えましょう。
そして、前日に持ち物チェックは必ずしておく必要があります。幼稚園受験の面接だけに限った話ではありませんが、遅刻すると相手に対して悪い印象を与えてしまうことになります。ルーズな印象を与えてしまうだけでなく、他の受験生にも迷惑をかけることになるので、交通機関の遅延なども考慮した上で、どのくらいで到着するのかを事前に確認しておきましょう。

幼稚園受験の面接対策はしっかりと行っておこう


面接というのは大人でも緊張してしまう場所なので、子供であればよりプレッシャーを感じてしまうことがあります。合格するためにはやはり入念な面接対策を行う必要があります。実際に普段から子供とコミュニケーションを取って、質問したことに対してはきちんと答えるように根気良く教えるようにしてください。受験のための教室では、家ではどのように子供に接したらいいのかや、当日の服装にいたるまで丁寧にアドバイスしてくれるので、初めての受験でどうしたらいいのかわからないときには相談するといいでしょう。
また、受験のときには子供だけ別室で試験会場に向かいます。そのときに親と離れてしまうことに恐怖を感じて泣くケースもあります。すぐに泣きやむなら特に問題ないと言えますが、ずっと泣き続けているとしつけに問題があると判断されてしまうこともあります。もちろん普段から子供とコミュニケーションを取ることは大事ですが、なるべく子供が一人で過ごす機会を作っておくことも大事です。
受験のための教室に通うことは習い事と同じなので、子供が知らない大人と接することはとても意義があります。家族とだけ接すると人見知りしてしまう子供に育つ傾向があるので、そのような意味でも受験対策のための教室に通った方がいいでしょう。教室に通うときには、その教室の実績やカリキュラムなどを事前に確認し、きちんと実績があるかどうかを把握した上で申し込むことが大切です。