小学校受験に強い幼児教室ランキング~全国版~

トップ > 小学校受験とは > 幼稚園受験に合格するためのポイントとは?

幼稚園受験に合格するためのポイントとは?

幼稚園受験に合格するために見逃せないポイントとは


最近はお受験がブームになっているので、わが子に幼稚園受験を受けさせようとする親が増えている傾向があります。実際に幼稚園受験を受けて合格するためにはどのようなことに気をつけなければいけなのでしょうか。そのためには幼稚園が何を重視しているのかを事前に知っておく必要があります。もちろん正確な情報が公開されているわけではありませんが、やはり一般的に幼稚園側が考査で重視するのは当たり前のことがきちんとできるかどうかです。特に有名私立幼稚園にもなると、当たり前のレベルがより高い水準でできていることが大事です。
また、幼稚園受験の場合は保護者も考査の対象になり、子供をきちんとしつけているかどうか、良識があるかどうか、そして幼稚園の方針をきちんと理解しているかどうかも大事です。幼稚園側も何年も面接を行っているので、付け焼き刃は通用しません。日頃からきちんと準備しておくことが大事です。
準備といっても特別なことをする必要はなく、朝は早く起きて食事を取り、きちんと挨拶をする習慣を身につけることから始めるといいでしょう。幼稚園受験なので高度な専門知識が求められることはなく、むしろ生活習慣を規則正しくすることが合格するためのポイントだとも言えます。ただ、幼稚園受験の場合は親も子供も初めての受験のため、どのように子供に教育したらいいのかがわからないケースがあります。
そんなときには、幼稚園受験専門の教室に通うといいでしょう。教室には受験対策のための有効なカリキュラムが組まれているので、きちんとこなせば難関と言われる私立幼稚園にも合格できる可能性が高くなります。また、子供だけではなく親に対してもアドバイスをしてくれるので、どのような対策を立てればいいのかが具体的にわかるようになります。

幼稚園受験合格の前に考えておくべきこととは


幼稚園受験合格は親にとっても子供にとっても一大イベントには変わりありません。受験のための対策も大事ですが、その前にまずはどこの幼稚園にするのかを決める必要があります。実際に通って過ごすのは子供なので、子供にとってベストな幼稚園を選ぶ必要があります。そのためには、事前にパンフレットやホームページなどを確認して、その幼稚園の教育方針や設備、環境などを確認しておきましょう。また、通園にかかる時間や距離などもしっかりと比較検討しておく必要があります。
そして、理想の幼稚園が決まったらできるだけ情報を集めておくことが大切です。ホームページには説明会や公開行事などのお知らせが掲載されることがあるので、できるだけ両親共に参加しましょう。どちらか片方だけに任せておくと、意思疎通ができないことがあるのでなるべく夫婦そろって参加しましょう。そして、実際に幼稚園まで足を運んで通園時間を確認し、自分の目でどんな幼稚園なのかを見ておくことが重要です。
また、願書の準備も早めにしておくことが大事です。よほどの事情がない限り、願書の提出期限を過ぎてしまうとその時点で不合格になるので、なるべく早めに願書は提出してください。願書が届く前に写真を撮ることはできるので、なるべく早めに用意しておきましょう。願書に不備があると合否にも影響が出てきます。大切な書類なのでできるだけ丁寧な字で書き、汚れが付かないように保存しておきましょう。また、合格した後に入学金などを振り込むときにも、必ず期限までに振り込むようにしてください。期限に遅れてしまうと仮に合格しても取り消しになる可能性が出てくる恐れがあるからです。

幼稚園受験合格の秘訣は日常生活にある


子供は自分が育てたように育つので、普段から意識的にしつけを行うようにしましょう。共働きの場合は家政婦に依頼することもありますが、なるべくしつけは自分で行った方が良いです。なぜなら、幼稚園受験の年齢は第一反抗期の時期であると同時に、親の影響を特に受けやすい時期でもあるからです。そういった点からも、子供に対してどのように接するかはとても大切です。幼稚園受験のための教室に通うことも大事ですが、なるべくあいさつをきちんとするようにしつけ、子供をわがままにさせないようにしましょう。
また、基本的な生活習慣を身につけるために、食事の時間はできるだけ決めて好き嫌いの無いようにバランスよく取るようにすることも大切です。そうすれば排泄や睡眠の時間も自然と規則正しくなります。遅くまでゲームをしたりテレビを観たりしないように、親自身も気をつける必要があります。善悪の区別をきちんと付けることができたり、片付けをきちんとしたりなど、幼児として最低限のマナーやルールを守らせるようにしましょう。なるべく普段から子供とコミュニケーションを取るようにし、言語の発達を促すようにすることも大事です。
その上で幼稚園受験のために教室を通わせるようにすれば、合格する可能性は一気に高くなります。何でも教室任せにするのではなく、合否の鍵は親のしつけにあるという認識を持つことは合格への第一歩です。