小学校受験に強い幼児教室ランキング~全国版~

トップ > 小学校受験とは > 小学校受験の準備期間と期間中に行うこと

小学校受験の準備期間と期間中に行うこと

小学校受験の準備期間は11月から私立小学校までの1年間かけます。
また小学校受験では家庭でのしつけが重要なポイントとなり、しつけは幼いころからの日常的におこなっておくことが大切です。
季節の草穴の名称や花が咲く時期、年中行事を体験しておくことが大切です。
箸の持ち方や洋服の畳み方などの日常生活の習慣や凧揚げやコマなどの日本の文化を身につけたり体験しておくことが大切です。
日常生活の習慣や日本の文化は小学校受験だけでなく生活をするために大切なことです。
受験を目標とすることによって子供だけでなく家庭での意識を高め、夫婦で話し合う機会も増えるため家族の関わりも深まるため、受験の準備と捉えるのではなく、日頃から親子で季節や行事を楽しんだり、本を読み聞かせたりすることがおすすめです。
季節や行事は1年通してあるため受験の準備期間は1年間となります。
現在の子供は自然体験や生活体験が少なくなっています。
土のグランドで運動をしたことがない。
虫を見たことがなかったり触れたことがなかったり、掃除道具や調理器具など生活に使う器具を知らない場合が多いです。
入試の面接では自然や生活体験のことを聞かれることもあります。
受験勉強だけでなく、外遊びをしたりハイキングやキャンプ、動物園などに行くなど実際体験させることがおすすめです。
また掃除や料理などを手伝わせたり、用具を描いたカードを作ってゲーム感覚で遊びながら覚えたりすることもおすすめです。



普段の生活習慣としつけは小学校受験にとって大事

普段の生活習慣やしつけは小学校受験を成功させる上で大切なことだとされています。
確かにペーパーテストが出題される場合もあるので、その対策を行うのも大事だと思われます。
しかし、ペーパーテストの対策だけでは不十分であるので、生活習慣やしつけも受験対策になると考えられます。
子どもに対するしつけに関しては、日頃から行うようにすることが大切です。
食事におけるマナーがそれに該当していて、きちんとそれを身に付けておくことが重要だと言えます。
また他には文化に関連することを経験したり、行事に関する知識を知っておいたりすることも然りです。
アウトドアや家事を手伝うことも小学校受験の対策として有効だと言われています。
都会で暮らしていると自然での体験をする機会が少なくなるのではないかと思われます。
受験において、自然体験と家事を手伝うことも大事だとされているので行っておくようにします。



小学校受験の面接のポイントとは

我が子を少しでも良い学校に入れたいと考え小学校受験を考えている家庭も少なくはないのではないでしょうか。
しかし受験ということもあり、誰もが合格することができるばかりではありません。
合格のためには準備と対策が必須となります。
受験の内容は小学校によっても違いがあるので、一概には言えませんがほとんどの学校で行われるのが面接です。
面接は子供のみという学校もあれば、子供と親が一緒、子供と親が別々など様々なスタイルがあります。
その際に注意しておかなくてはならないのが、子供にプレッシャーをかけ過ぎないという点ではないでしょうか。
もちろんそれと同様に、親も面接対策をしっかりとしておかなくてはなりません。
子供がどんなに良い結果を出せたとしても、親が足を引っ張ったことが原因で合格できないということもあるということを頭に置いておきましょう。