小学校受験に強い幼児教室ランキング~全国版~

トップ > 小学校受験とは > 小学校受験で学ばせたい教育の学校に入れられる

小学校受験で学ばせたい教育の学校に入れられる

 日本では、小学校から12年間の義務教育が受けられます。学費は無料で、住んでいる地域によって学校が決まります。ですから学校を選ぶことはできません。どうしても行かせたい公立の学校があるなら、その地に引っ越すなどをすれば可能になります。
ただ、公立の学校は基本的には大きく学べることに違いはありません。一方、私立となるとそれぞれの学校で教育方針が決められています。単に学校で学ぶ教科の内容を学ぶだけでなく、生活の仕方、友達との接し方、社会での行動なども学ぶことができます。私立の小学校受験をするメリットとして、学ばせたい教育の学校に入れられることがあります。まずは、私立学校の中に学ばせたいところがあるかどうかを調べてみましょう。必ずしも優秀といわれる学校が該当するとは限りません。教育方針に共感できるところが良いでしょう。


小学校受験により将来の受験負担を減らせる

最終的に大学まで進学させようとするとき、高校での受験、大学での受験が必要になります。最も難しいとされるのが大学受験で、負担も大きくなります。そのために学生生活に影響することもあります。勉強も大事ですが、その他の活動も大事になります。小学校受験の目的として、将来の受験の負担を減らすことを挙げる場合があります。エスカレーター式といわれる学校であれば、中学、高校、大学に試験なしで進学できる可能性があります。まず小学校に入らないといけませんが、大学受験に比べると負担は少ないといわれます。一旦入学できれば、高度な教育環境の下で勉強ができるので、勉強やスポーツ、その他の活動なども充実させることが可能になるでしょう。子供のためにも良いといえます。親が受験で苦労している場合には、余計に子供に苦労させたくない気持ちが出てくるかもしれません。


運試しとして小学校受験に挑戦してみる

中学以上の学校を受験するとき、子供の学力に応じて合否の可能性は変化するとされています。より学力が高ければ良い学校に行ける可能性が高まります。そのために努力をしなければいけません。受験のことだけに集中している子供もいるかもしれません。小学校受験の場合、学力のみを見られるわけではありません。また、学力といっても小学校で学ぶこと以前のことになるので、それほど高度なことが問われるわけではありません。対策は必要ですが、中学以上の受験のような学力の差で合否が決定することはありません。ある人によると、合否は運に近いとも言われています。特にその傾向が強くなるのが国立で、運試しで受けてみる人もいるようです。私立などはそれなりに対策をすると合否の可能性も高まります。軽い気持ちで挑戦してみるのも良いかもしれません。